Mission 1 「初バッタ」

アスファルトの道路に別れを告げ、とうとう砂漠の中に突入。
すっかり暗くなってしまい車もライトを点灯させ、先頭の車を追いかける。

さっきから暗闇を切り裂く白い影がチラチラ目に付く。

目をこらしてみるとバッタだ。

ようやくバッタ地帯に辿り着いたみたいだ。


「バッタいたよ!ほらっ!バッタいたよ!」

全力で興奮している旨を伝え、早く降ろして欲しいことをアピールするのだが、
みんなは早く基地に着きたいようで、ガン無視を食らう。


その時、祈りが通じた。


車が砂漠にハマッて止まった。


運がいいのか、わるいのか、
みんなで車を降り、とりあえず困った顔をして、
薄暗い中、辺りをうかがうとさっそく草上にいる幼虫を発見。
みんなを尻目にすかさず捕まえようとし、手を近づけると激痛が走る。

本場のバッタは何か武器でも持ってるのか?
手を見ると植物のデカいトゲがぐっさりと刺さってる。

初バッタは痛い思い出になった。

暗闇でむやみやたらにそこいらを触るのは危険とみなし、
準備万端の装備をするまでガマンすることに。
車を押すのを手伝い、すぐに脱出できた。。

そこからすぐのところに基地があったのだが、真っ暗。
うちらのチームもテントを貼り、野営の準備を。