セネガル会議

セネガルにでっかいナメクジがいたよ!

(決して嫌がらせではなく、一部の軟体動物好きのことを思って掲載しました)







宿舎にバスが迎えに来てくれてみんなで移動。



セネガルがパンツ丸出し王国であることを期待しつつバスに乗り込み移動。



街の風景。



セネガルではロバではなく馬が活躍していた。


至る所にネスカフェの売り子がいた。



あ セネガル女子だ。


ん?


あれ?みんな普通のスカートやん。

まんまと空港のトイレの標識に騙されたわ。
大分テンション落ちてしまった。。。

まぁ モーリタニアと違って女子が半袖の服を着てるし、すごいオサレな人たちがいっぱいいて目の保養になったんだけど、ちぇっ。







会場はセネガルにあるフランスの研究機関。

会議場


続々と集まる参加者達。





会議の風景。


今回の会議はビデオ会議で各国の参加者達とリアルタイムでやりとりするそうな。



カッケー。


会議はオールフランス語だった。


ちょっと朝のガッカリが尾を引きテンション下がったので、今日のブログは淡泊に仕上げていくよ。次回がんばる。



コーヒーブレイクはお外で。


プチショコラと一緒に。









みんな討論に夢中になり、予定から2時間遅れてようやくランチタイムに。
日本だったら暴動が起こるレベルなのに皆平然としていた。


ランチ会場はバレーボールのコートにテントを張って。





コックさん達が料理を運んできてくれた。

サラダ。








メインはチェブジェン。ピリ辛に痛めた米の上に煮魚をぶっかけた料理。


テントの脇でおっかさんたちが豪快によそってくれたよ。

おいしかったです。




デザートはフルーツポンチ。





けっきょく10時から8時まで会議やっていてとても疲れました。
それからデイナーに行きました。


お店は昨日と同じ海沿いのお店でした。

イギリスから来たジェフとフランスから来た主催者のポールがビールを注文したので、これはチャンスと思い、所長に飲んでもいいのか聞いてみました。

そうしたら、


ここは自由の国セネガル。と言いました。


僕は、念願のビールを飲めました。
すごく嬉しかったです。

セネガルに来て良かったなあと思いました。