モーリタニアの干ばつ


食べる物なくて、泣いたことがありますか?



先日は、自分のことしか考えずにブログを綴ったのですが、ネットで干ばつについて調べてみたら自体は深刻で、モーリタニア建国以来の事態だそうだ。
http://www.unicef.or.jp/kinkyu/africa_drought/2012_0313.htm
ここまで危機だと思ってなかったッス。


現在、マリの情勢が不安定ということで大量のマリ人がモーリタニア流入してきています。街中でもマリの民族衣装を見かける頻度があがりました。


ティジャニ曰く、
「隣国で難民を受け入れているのはモーリタニアだけだ」
だそうだ。


マリの国境に面している他の国々は難民の流入を拒み、ガードしているそうだ。

モーリタニアはただでさえ干ばつで苦しんでいるのにキャンプ地を準備して受け入れているそうな。


所長に話を伺ったら、
「我々の文化は、そこに困ってる者がいたら助ける」
だそうだ。


とはいっても、自国もピンチ。どうなってしまうのか。


雨雨フレフレ。たのんます。




街で見かける野良ウシさん達の数が増えました。



草がないからゴミを食べてる。

ガリガリのウシ。


つかね、街に雑草がちっとも生えてないんすよ。


接近したら光ゲンジっぽいウシに凄まれました。

「おぅ コラ。ワレ何見とんねん」


あのね、右足でザシザシと闘牛チックにやる気見せてきたので退避しました。
こえーよ。 何そのツノ。
お前はバッファローマンか?


ハリケーン・ミキサーくらわないように以後近づきません。




つか、首都で生活している分には干ばつの影響をダイレクトに見ることはないのですが、
街から離れた自給自足してる人達はモロに食べる物が無くてキツイだろうな。


遊牧民は放浪して住所も頻繁に変わるから
政府からの支援物資をどうやって受け取ってるのだろう。


街のスーパーマーケットでは野菜とかはちゃんと買えるんすよ。
自分はちゃんとご飯食べれてるのでご安心を。


そういえば、この三か月でお店で外食したの一回だけだわ。

わしゃ新婚ほやほやで良いところ見せようと張り切ってる主婦か。。。