次の一手:網


金網の代わりが難しかった。
網目が細かすぎると強風のあおりを受け、ケージが耐え切れない。


そして、恐ろしいこと言うけど、バッタはしょぼいビニールやプラスチックの網はかじって穴を空けてしまう。
正確に言うと、食べようとする。
つか、食べる。



網っぽいものを見つけると触る日々が続いた。



来る日も、来る日も、網を捜し続けた。


網だけを捜しつづけた。

捜しつづけた。


探索中のテーマソングもできてしまった。



網へ

いつでも捜しているよ

どっかに君の 姿を

向かいのホーム

路地裏の窓

こんなとこにいるはずもないのに



路地裏


捜しくたびれて、ベットに横たわり、何か良い材料がないものかとぼんやり考えていて、ふと目に映ったものの素晴らしさに思わず叫んでしまった。





せや。蚊帳や。蚊帳やったら、メッシュで素材も材質も原材料もなんぼでもあって、ワイのニーズに応えてくれるはずやで。


次の日、蚊帳屋から蚊帳購入。

そのまま使えるのだが、どうせならとことんこだわりたい。



ということで、限定モデルの開発に乗り出した。


街のミシン職人にデザインした蚊帳を別注し、まずはミシン職人の腕を確かめた。
誤差が10cm以内とその腕の確かさを確認できたので専属契約した。大量購入するから価格を抑えてくれるようにお願いし、お願いしてもらった。

材料は、厳選素材の網を使って。

網も作っては、問題点を直し、を繰り返した。


そして、ある法則を発見。

一日に2枚の網を注文すると、スペシャリストはあらぬミスを犯す。

寸法間違えたり、へんなところに補強物つけたり、裏表逆に補強物つけたり。



解決方法は、


一日一枚



スペシャリストがおじいさんなので、焦らせてはいけない。


自分は、Tシャツは大き目のを着るのが好きなので、網は骨組みに対して、余力をもたせてちょいB系に設計した。
ピチT派(注:親へ ピチっと体にフィットしたTシャツを着る流派のこと)のティジャニは私のデザインを不服に思ったらしく、もっとサイズを小さくしたらと進言してきた。


実は、B系にデザインしたのはスペシャリストに若干の寸法誤差を許すためのものであったので、
ティジャニに説明したのだが、このスペシャリストはスペシャルだから大丈夫だということで、せっかくの申し出を断るのも悪いから、それで注文した。
その結果、残念なことに誤差が「小さい」方にいってしまったため、骨組みにはめるのがキツいどころか、丈が足りなかった。。。


何も言わずにティジャニを見ると、
「コータローのデザインに戻そう」と。






そして一度に大量注文するのは勝手にマイナーチェンジされるので恐ろしいから、2枚ずつ注文して確認して追加してもらうようにした。



網はまだ完成していない。現在、7代目。